笑顔のレディー

インテリア照明器具が変わる|低コストでお得なLED照明

省エネな照明に変える

窓

LED照明器具に変える際の注意点

LED照明を利用すれば省エネやCO2削減にも貢献できて、紫外線を出さないので夜間の虫の飛来を無くすことができ、蛍光灯に比べ照明器具自体の発熱量も少ないため、エアコンの効きにも影響するなど正に良いことずくめであるLED照明器具ですが当然ながらデメリットも多少は存在します。照明器具自体の重量が蛍光灯の物よりも重く、そのまま交換という訳にはいかないケースが稀にあることと、電球交換型の物ならば良いのですが、シーリングライト型の場合発光部分が切れた、または壊れた場合、発光部分のみの交換とはいかず、本体すべての修理、または交換となります。

長所を最大限に生かすために

長寿命であり省エネでもあり、そしてCO2削減にも貢献できる、そんなLED照明の長所を最大限に生かすために、シーリングライトのカバー部分のように、発光部分を覆っているものや電球型の表面部分も、汚れや埃によって明るさが阻害されてしまいます。大掃除や、まめに掃除する方は良いのですが長寿命が故、蛍光灯の交換するときにしか掃除しない方などとなると、LED照明器具に至っては、修理または交換時期に達するまでに、使用状況にもよりますが数年から十年以上なんてことも十分あり得ます。定期的に掃除をして明るさを保ちましょう。また電気機器全般に言えることですが、埃や湿気は電気製品の寿命を早めます。適切な湿度を保ち掃除をすることで、長寿命製品の恩恵を受けましょう。